ファンタジー小説「コロボックル物語」シリーズなどで知られる児童文学作家の佐藤さとる(さとう・さとる、本名・暁=さとる)さんが9日、心不全のため死去した。88歳だった。

 告別式は近親者で行った。喪主は妻、愛子さん。

 神奈川県生まれ。市役所や出版社などで働きながら、執筆を続けた。1959年、シリーズ第1作となる「だれも知らない小さな国」を自費出版。好奇心旺盛な少年が小さな人コロボックルと出会い、自分だけの世界を大切に育てていく物語で、後に講談社から出版され、毎日出版文化賞、日本児童文学者協会新人賞、国際アンデルセン賞国内賞を受賞。67年に童話「おばあさんのひこうき」で野間児童文芸賞などを受賞した。