沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る違法確認訴訟で、県は23日午後、 翁長 おなが 雄志 たけし 知事の移設先の埋め立て承認取り消し処分を違法と判断した福岡高裁那覇支部の判決を不服として、最高裁に上告した。

 16日の高裁判決は、「国防と外交は国の本来的な任務に属し、国の判断は不合理でない限り尊重されるべきだ」と指摘。前知事が行った埋め立て承認について「不合理な点があるとは言えない」とし、翁長氏が 瑕疵 かし のない承認を取り消すことは違法と判断した。さらに移設の必要性についても、「普天間飛行場の被害を除去するためには、(移設に向けて)埋め立てを行うしかない」と言及した。

 上告期限は判決の7日後の23日。