神奈川県警は23日、横浜市神奈川区大口通の大口病院に入院していた男性患者が、点滴に混入した液状の異物による中毒で20日未明に死亡したと発表した。

 県警は何者かが異物を混入した疑いがあるとみて特別捜査本部を設置し、殺人事件として捜査を始めた。

 県警によると、死亡したのは、横浜市港北区新吉田東、無職八巻信雄さん(88)で、20日午前4時頃、八巻さんの心拍数の低下を知らせるアラームが鳴り、当直の30歳代の女性看護師が異変に気づいた。この看護師が医師を呼んで救命措置を行ったが、同55分に医師が死亡を確認した。

 最後に点滴を交換したのは19日午後10時頃で、栄養剤だった。交換もこの女性看護師が行ったという。