名古屋市千種区の東山動植物園は13日、飼育鳥類の鳥インフルエンザ感染を受けて昨年12月11日から休園していた動物園の営業を約1か月ぶりに再開した。

 動植物園は15日まで無料開放する。

 鳥インフルエンザの全国的な流行は続いているため、フラミンゴなど一部の鳥の公開は当面見合わせる。再開初日は午前9時の開園前から約200人が列を作った。