今季最も強い寒気が日本列島に襲来した影響で、13日も東北、北陸を中心に大雪に見舞われた。

 大学入試センター試験が実施される14〜15日は冬型の気圧配置が強まるため、関東北部や愛知県、大阪府、広島県でも積雪のおそれがあり、気象庁は交通機関の乱れに警戒を呼びかけている。総務省消防庁によると、雪の影響で死者1人、重軽傷者4人が出ているという。

 13日午前7時までの24時間に観測した降雪量は、福島県南会津町で74センチ。14〜15日はさらに厳しい寒気が列島上空に入り込み、大雪の範囲は西日本まで広がる見込みだ。14日昼から15日昼にかけて予想される降雪量は多い所で、北陸100〜120センチ、東北や長野、群馬、栃木、岐阜県の山沿いで60〜80センチ、近畿・中国40〜60センチ、北海道20〜40センチ。気温も氷点下となる所があるとみられる。