千葉県船橋市の女性(当時18歳)の遺体が2015年4月、同県芝山町の畑で見つかった事件で、強盗殺人と逮捕監禁罪に問われた船橋市の無職の少女(19)に対する裁判員裁判の初公判が13日、千葉地裁(松本圭史裁判長)で開かれた。

 少女は罪状認否で「殺害することを(他の共犯者と)話し合ったことはなく、殺意もなかった」と起訴事実を一部否認した。強盗と逮捕監禁罪については認めた。

 起訴状などによると、少女はほかの3人と共謀し、15年4月19日夜、千葉市中央区の路上で女性を車に乗せて監禁。現金数万円が入った財布やバッグを奪い、芝山町の畑に生き埋めにして窒息死させたとされる。少女は女性と高校の同級生だった。

 事件では、いずれも住所不定、無職井出裕輝(22)、中野翔太(21)両被告が強盗殺人罪などで起訴され、少女の友人の少年(当時16歳)が少年院送致された。中野被告は昨年11月に千葉地裁で無期懲役の判決を受け、東京高裁に控訴している。