大阪市港区の海遊館で13日、アシカのボスが約20年ぶりに交代し、新しいボスがデビューした。

 後継として海外から招かれていたが、3年近く舞台裏暮らし。その間に30種類以上の技を習得しており、来館者の前で初めて披露した。

 オランダ生まれのカリフォルニアアシカ「ミッチ」(オス、6歳)。2014年3月に前のボス「ルーク」(オス、27歳)の後継としてやってきたが、ルークが元気で引退を先送りしたため、人目に付かないバックヤードで待機し、飼育員と技の特訓に励んでいた。

 休館日の今月11日、メス5頭が暮らす展示プールに移動。他のアシカと暮らすのは初めてだが、順調になじんでいるという。