13日午前10時10分頃、東京都世田谷区南烏山のマンション3階の一室から「娘を自宅の風呂に沈めた」と110番があった。

 現場に駆けつけた救急隊員らが、浴槽に服を着たまま沈んでいる鈴木優佳ちゃん(生後3か月)を発見して引き上げたが、心肺停止状態だった。

 警視庁成城署は、部屋にいた母親の由美子容疑者(38)が「娘を泣きやませようと浴槽の水に沈めた」と供述したため殺人未遂容疑で緊急逮捕。優佳ちゃんが搬送先の病院で死亡したため、殺人容疑に切り替えて調べている。由美子容疑者は、会社員の夫と優佳ちゃんとの3人暮らし。現場は京王線千歳烏山駅の南約200メートルの住宅街。