気象庁は13日、今季最も強い寒波が押し寄せた影響で、大学入試センター試験が実施される14〜15日、日本海側を中心に大雪になるおそれがあると発表した。

 関東北部や東海、近畿、中国、四国の平地でも積雪が予想されるという。同庁は、交通機関の乱れや路面の凍結に注意するよう呼びかけている。

 同庁によると、シベリア大陸から、上空5000メートル付近に氷点下39度以下の寒気が流れ込み、13日は東日本や東北の日本海側を中心に大雪が降った。山形県大蔵村や青森市・ 酸ヶ湯 すかゆ では積雪が2メートル40前後に達し、北海道 占冠 しむかっぷ 村では最低気温が氷点下29・2度を観測した。

 雪の影響で、秋田県由利本荘市で除雪中の女性(73)が落下してきた雪で転倒し、右太ももを骨折するなど、東北地方でけが人が相次いだ。