日本列島は14日、この冬一番の寒気が流れ込んだ影響で、強い冬型の気圧配置となり、日本海側の広い範囲で大雪になったほか、太平洋側の名古屋市でも一時積雪が観測された。

 14日正午現在の積雪の深さは山形県大蔵村251センチ、新潟県津南町159センチなど。滋賀県米原市や岐阜市、名古屋市など東海から中国地方の平野部でも雪が積もり、前橋、京都、広島、福岡の各市も降雪を観測した。

 冷え込みも厳しく、東京都心では氷点下0・5度を観測し、今季初めての「冬日」となった。

 気象庁によると、15日も北日本から西日本の日本海側を中心に降雪が強まり、太平洋側の平地でも積雪となる恐れがあるという。東京都内や伊豆諸島でも雪がちらつく可能性がある。同庁は交通機関の乱れや路面の凍結に注意するよう呼びかけている。