今年2、4月と2度にわたって左膝を手術した女子テニスのクルム伊達公子(エステティックTBC)は22日、東レ・パンパシフィック・オープンのイベントで、来年の復帰を目指していることを明らかにした。

 「(競技を)やめる理由があまりない。基本的に復帰まで1年ということなので、コートに立てる日はまだ遠いが、時間をかけて、しっかりと治したい」と語った。