日本ハムの武田勝投手(38)が23日、今季限りでの引退を表明した。

 札幌市内での記者会見で、「まだできるという気持ちが、若手を応援する気持ちに変わっていた」と理由を語った。2006年に入団し、09年から4年連続で2桁勝利を挙げ、通算成績は23日現在で82勝61敗1セーブ。

 また、14、15年に最優秀中継ぎ投手に輝いた阪神の福原忍投手(39)、中日の 雄太 ( ゆうだい ) (36)、岩田慎司(29)の両投手も同日、引退を発表した。