ゴルフの日本女子オープンで昨年、史上初のアマチュア優勝を達成し、プロ転向した畑岡奈紗(茨城・ルネサンス高3年)が13日、ダンロップスポーツとクラブなどの用具使用、森ビルと所属契約を結んだことを発表した。

 ちょうど18歳の誕生日を迎えたこの日、都内で記者会見。ダンロップスポーツと契約を結ぶ松山英樹らからの祝福メッセージも披露され、「松山プロのように、世界で何度も勝てる選手になりたい」と語り、「まずはシード権を獲得し、できれば1勝を挙げられるよう頑張りたい」と、1年目の米女子ツアー挑戦へ向け、意気込みを語った。

 近く渡米する予定。1月26日に開幕する米女子ツアーの開幕戦、ピュアシルク・バハマ・クラシックにも出場できる見込みで、「目標をしっかり定めて、一打一打集中してプレーしたい」と話した。国内ツアー開幕戦のダイキンオーキッドレディース(3月)へも、出場に向け調整する意向だ。