米男子ゴルフのソニー・オープンは13日、米ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第2ラウンドが行われ、初日5アンダーで12位の小平智は4バーディー、ノーボギーで回り、通算9アンダーにスコアを伸ばした。

 初日4アンダーで21位の松山英樹は4バーディー、1ボギーで回り、通算7アンダーで決勝ラウンド進出。宮里優作は通算1アンダー。岩田寛は通算6オーバーで予選落ちが決まった。初日11アンダーでトップのジャスティン・トーマス(米)がこの日64をマークし、17アンダーで首位を快走している。