北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は20日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が黄海の衛星発射場を訪れ、新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジンの地上噴出試験に立ち会ったと報じた。朝鮮中央通信など北朝鮮メディアは同日、「わが国で初めて開発した新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジンの地上噴出試験に大成功した」と報じた=20日、ソウル(聯合ニュース)