【ソウル聯合ニュース】韓国政府と青瓦台(大統領府)、与党セヌリ党は21日、ソウル市内の首相公邸で協議会を開き、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験など北朝鮮の軍事的な挑発への対応として、国防兵器システムの確立に向けた計画を前倒しして実施することで一致した。

 セヌリ党の金光琳(キム・グァンリム)政策委員会議長が「きょうの国会本会議で北の核実験を非難し核(開発)破棄を求める決議案が処理される予定だが、SLBM対策を講じるべきだとする内容も含まれている」としながら、こうした話し合いがあったことを明らかにした。

 政府と与党、青瓦台は、国防兵器システムの早期確保に向け必要な場合、通常国会の予算審議で関連予算を増額することでも一致した。

 また、政府は国連安全保障理事会が新たな北朝鮮制裁決議を採択するよう働きかける一方、韓国独自の北朝鮮制裁実施に向けても一層努力していくという。