【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は22日、青瓦台(大統領府)で開いた首席秘書官会議で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長について「住民の暮らしはかまわず、ひたすら政権の維持と私利私欲を考えている」と非難した。北朝鮮では大規模水害が発生したにもかかわらず、天文学的な費用がかかる核兵器とミサイルの開発にしがみついているとも批判した。

 朴大統領は「北はもはや核放棄に向けた対話の場に出ることはなく、核やミサイルなどによる挑発は一層深刻化するだろう」と懸念を示した。北朝鮮が核とミサイル能力を高度化させ気分次第でどんな挑発でもできるという、最も危険なシナリオの一つが現実味を帯びているとした。

 その上で「私と政府は金正恩の核とミサイルへの執着を断ち、国と国民を守るためにできるすべてのことを行う」と強調。まずは国連安全保障理事会で北朝鮮に核放棄を強制できるよう強力な新制裁がまとまるよう最善を尽くし、一方で各国と共に北朝鮮への圧力強化に向けた独自の措置も取ると述べた。

 このほか、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備を着実に進めること、連合防衛態勢の強化と米国の核の傘を含む拡大抑止により北朝鮮の脅威を和らげることなどに取り組むと明言した。