【平昌聯合ニュース】2018年に冬季五輪が開かれる韓国北東部の江原道・平昌で行われていた第1回韓中日スポーツ担当相会合は23日、未来志向的な交流と協力を強化し定着させるとの内容を含んだ「平昌宣言文」を採択し、閉幕した。

 会合には韓国の趙允旋(チョ・ユンソン)文化体育観光部長官、中国の劉鵬国家体育総局局長、日本の松野博一文部科学相が出席。平昌五輪、20年東京五輪、22年北京冬季五輪と、3カ国で五輪が連続開催されることを踏まえ、スポーツ分野における協力を模索した。

 趙氏は「平昌宣言文を通じ、韓中日がスポーツ分野の交流と協力により相手に対する理解の幅を広げ、重要な基礎を築くことになると認識し、3カ国の未来志向的な交流と協力を定着させていくことにした」と説明した。

 また、「3カ国の相互理解と信頼の促進・強化、北東アジアの平和共存に向け努力する」とした上で、今後、3カ国で開催される五輪・パラリンピックの成功に向けた努力やノウハウの共有、ブーム醸成などを進めていく方針を示した。

 3カ国は、女性と青少年、障害者、高齢者を含む全ての人を対象とするスポーツの活性化を通じ交流と協力を拡大し、スポーツを通じた社会発展に向けても努力する。

 また、スポーツ産業がアジア発展の持続的な原動力となるよう努めるとともに、ドーピング防止に向けた協力と選手保護をリードし、公正なスポーツ精神を広めていくことでも一致した。

 3カ国は同会合の定例化にも合意した。隔年で開かれる予定で、次回は18年に日本で開催される。