【平昌聯合ニュース】韓国文化体育観光部のキム・ヨンス体育協力官は23日、韓国北東部の江原道・平昌で行われた第1回韓中日スポーツ担当相会合に関する会見で、同会合が2022年の北京冬季五輪終了後も継続して開かれる見通しだと伝えた。

 キム協力官は、韓国の提案により3カ国のスポーツ担当相会合が初開催されたことそのものに意味があると評価。この先、会合を隔年制で定例化し、閣僚会合の翌年には実務者会議を開くと説明した。次回のスポーツ担当相会合は18年に日本で開催される。

 第1回会合には韓国の趙允旋(チョ・ユンソン)文化体育観光部長官、中国の劉鵬国家体育総局局長(閣僚級)、日本の松野博一文部科学相が出席した。18年の平昌冬季五輪、20年の東京五輪、22年の北京冬季五輪と、3カ国で五輪が連続開催されることを踏まえ、スポーツ分野における協力を模索した。

 この日、未来志向的な交流と協力を強化し、定着させることなどを盛り込んだ「平昌宣言文」を採択して閉幕した。