【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の洪容杓(ホン・ヨンピョ)長官は27日、国会外交統一委員会による国政監査で「これまでの(北朝鮮の)核実験準備状況と関連動向を勘案すると、年内に追加挑発の可能性があると考えられる」と述べた。

 また、韓国政府が北朝鮮の非核化と変化を最優先課題と位置づけ、南北経済協力事業の開城工業団地の閉鎖という戦略的な決定で国際社会の対北朝鮮制裁をけん引したほか、独自制裁で北朝鮮への圧力を強めていると説明した。

 北朝鮮への人道支援については「乳幼児や妊婦ら社会的弱者への人道支援を推進するものの、具体的な支援時期や規模は慎重に検討していく」との立場を示した。

 北朝鮮の洪水被害に対する支援については実効性や透明性、世論などを踏まえ、現時点では検討していないとした。