【ソウル聯合ニュース】韓米の軍当局は29日までに、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備予定地を南部の慶尚北道星州郡にある星山砲兵部隊からゴルフ場「ロッテスカイヒル星州カントリークラブ」に変更することを決定した。30日に正式発表する。

 政府関係者は29日、「慶尚北道と地域住民への説明を経て、あす配備用地を発表すると承知している」と明らかにした。両国防当局は29日中に承認手続きを行うとされる。

 また、国防部関係者は「今回発表される場所が最終的なTHAAD配備用地だと考えて良い」と話した。

 韓米は7月、THAADの配備予定地を星山砲兵部隊に決めたと発表した。

 しかし、周辺住民らがレーダーの電磁波による健康被害問題などを取り上げて強く反発したため、星州郡が郡内の別の場所に変更するよう要請。韓米共同実務団が先月末から同ゴルフ場など計3カ所の新たな候補地を選定し評価作業を行ってきた。

 国防部はゴルフ場のほうが星山砲兵部隊よりTHAAD配備に適していると判断したとされる。

 候補地となったゴルフ場は星州郡庁から北に18キロ離れている。海抜680メートルで、星山砲兵部隊(同383メートル)より高い。

 レーダーの電磁波による健康被害の懸念が少なく、進入路など基盤施設が整っているため大規模な工事も不要だ。

 ただ、同ゴルフ場が配備予定地に決定した場合も課題は残る。

 レーダーが慶尚北道金泉市の方角に向けられるため同市住民が既に反発しているほか、ゴルフ場から直線距離で500メートルの場所に宗教団体の聖地があり、同団体も反対している。

 同部は最終候補地を発表後、ゴルフ場を所有するロッテ側と用地購入をめぐり本格的な交渉に入るとみられる。