【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が平壌の竜岳山泉水工場を視察した。朝鮮中央通信が30日、報じた。

 同通信は金党委員長は従業員らをねぎらい、「竜岳山泉水工場が果たす任務と役割は重要だ」と評価したと伝えた。

 また、同通信は同工場について、2007年に創業し増改築を経てミネラルウォーターの生産能力を2倍に増やす成果を上げたと紹介した。

 視察には、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相、安正秀(アン・ジョンス)党軽工業部長、趙勇元(チョ・ヨンウォン)党中央委員会副部長が同行した。