【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局が、有事の際に北朝鮮の核・ミサイル施設を攻撃できる射程500キロ以上の長距離空対地ミサイル「タウルス」約90発を追加で導入する方針を固めた。韓国政府筋が4日、伝えた。

 軍はドイツで生産されるタウルス約170発を導入することを決めていたが、北朝鮮が先月に5回目の核実験を行うなど核とミサイル能力を高度化させていることから、精密攻撃が可能な兵器を補強するため追加導入を推進しているという。

 タウルスでターゲットを正確に攻撃するには、北朝鮮が発する全地球測位システム(GPS)を混乱させる妨害電波の影響を受けない米軍のGPS受信機を使用する必要がある。米国政府がタウルスを運用する戦闘機への同受信機の搭載を承認したことから、タウルスは年内に実戦配備される予定になっている。

 配備されれば、韓国は射程500キロ以上の遠距離精密攻撃ミサイルを戦闘機に搭載して運用するアジア最初の国となる。

 タウルスは全長5.1メートル、重量は1400キロで、このうち弾頭の重量は480キロ。マッハ0.95の速度で飛行する。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の執務室など平壌の重要施設だけでなく、弾道ミサイルの発射命令を下す地下管制施設も破壊できる精度と威力を備えている。ステルス性を持つため、発射後に敵に飛行ルートを知られるリスクが少ない。韓国空軍のF15K戦闘機に2発搭載できる。

 韓国軍はあわせて、戦闘機に搭載し、北朝鮮の移動式ミサイル発射台など動くターゲットを攻撃する小直径爆弾SDB IIの新規導入も検討しているとされる。全長1.76メートル、重量94.3キロで、天候に関係なく60キロ以上離れた場所から移動するターゲットを攻撃できる。米レイセオンが開発し、2018年までに米軍に実戦配備されるという。