【北京聯合ニュース】韓国の金章洙(キム・ジャンス)駐中国大使は10日、国会外交統一委員会による国政監査で、北朝鮮の5回目の核実験について、中国が北朝鮮から事前に知らされていなかった可能性に言及した。

 金大使は先月の北朝鮮による5回目の核実験について、中国側に事前通知があったかどうか与党議員から尋ねられ、「中国は4回目の核実験は全く知らず、5回目も米国や中国は(事前に)知らなかったというのが中国側の公式的な立場だ」と述べた。

 ただ、1〜3回目の核実験については少なくとも数時間前に中国側に知らされていたと説明した。

 また北朝鮮の新たな挑発の可能性について、「米大統領選や韓国大統領選など外部の行事に合わせて挑発する可能性もある」と述べた。

 中朝関係については、北朝鮮が4回目核実験と長距離弾道ミサイル発射を強行したことに対する国際社会の対北朝鮮制裁に中国が積極的に参加したことで悪化したと指摘。先月の5回目の核実験により両国関係の冷え込みは当面続くと予想した。