【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は11日、南部、釜山の作戦基地と鎮海一帯で15〜22日に同軍主管の多国籍機雷戦訓練を実施すると明らかにした。

 訓練には3500トン級の機雷敷設艦「元山」などの海軍艦艇7隻と、1400トン級掃海艇「パイオニア」などの米艦艇2隻が投入される。

 また、カナダ、タイ、フィリピン、ニュージーランド、オーストラリア、英国を含めた計8カ国から約380人の兵士も参加する。

 朝鮮戦争後、初めて行われる多国籍機雷戦訓練は15日の釜山作戦基地での開会式と出港事前会議を皮切りに始まる。

 海軍は、鎮海湾一帯で機雷探索のほか、無人機雷処理機や掃海艇による機雷除去など実戦を想定した訓練が行われると説明した。

 これに先立ち、11〜13日には韓米連合司令部で在韓米海軍司令部主管の機雷戦シンポジウムが開催される。

 韓国を始め、米国、オランダ、ニュージーランド、英国、イタリア、カナダなど11カ国の専門家らが出席する。

 参加者はシンポジウム終了後、南北軍事境界線がある板門店などを見学する。