【ソウル聯合ニュース】韓国外交部が11日午前、邱国洪・駐韓中国大使を呼び、違法操業中だった中国漁船が韓国の海洋警備当局の高速艇に体当たりし沈没させたことについて抗議した。同部の金炯辰(キム・ヒョンジン)次官補は邱大使に抗議と遺憾の意を伝え、再発防止に向けた対策作りを求めたとみられる。 

 外交部は9日にも、東北アジア局の審議官が在韓中国大使館の総領事を呼んで遺憾と抗議の意を伝えているが、この日大使を呼び出すことで韓国政府として一層強い抗議の意を表した格好だ。当局者は「政府がそれだけ状況を深刻かつ重大にとらえているということだ」と話した。

 今月7日、仁川市・小青島周辺の海上で違法操業の取り締まりに当たっていた韓国警備当局の高速警備艇が中国漁船と衝突し沈没した。韓国当局は中国漁船が故意にぶつかったとみて、詳しい状況を調べている。

 この事件に対し中国外務省の報道官は10日の定例記者会見で、状況を把握中だとしながら、「われわれは韓国が両国関係と地域の安定という広い視野から冷静かつ理性的に問題を処理することを願う」と述べた。