【ソウル聯合ニュース】韓国軍が2018年から東部の慶尚北道・鬱陵島に海兵隊の戦闘兵力を配置する計画だ。海兵隊司令部が11日、国会国防委員会に提出した業務報告資料で明らかにした。

 韓国軍関係者は「駐留部隊を新設するのではなく、既存の部隊を巡回配置することになる」と説明した。

 韓国軍が鬱陵島への海兵隊配置を進めていることは既に知られていたが、配置の時期を含め計画が公開されたのは初めて。

 鬱陵島への兵力配置に備え、海兵隊は年初から小隊級の兵力を四半期ごとに同島に派遣し、訓練を行っている。来年は訓練場や宿営施設を建てる予定だ。

 鬱陵島に海兵隊の戦闘兵力が配置されれば、北朝鮮への軍事的圧力になるとみられる。配置される兵力は中隊級または大隊級で、韓国型水陸両用強襲車(KAAV)をはじめ、基本戦闘装備を備える。有事の際は北朝鮮の東海岸へ最初に入り、内陸侵攻任務を遂行することになる。

 作戦領域には独島も含まれる見通しだ。外部勢力による独島侵攻の兆候がある場合、独島に上陸し防衛することになる。