【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は13日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備について、国民の生命を守るための最小限の防衛措置だとした上で、「北の核とミサイルが単なる脅しや交渉のカードではなく、わが民族を破滅に追い込みかねない実際の脅威であるにもかかわらず、一部では何の代案も示さずに反対している」と指摘した。

 ソウル郊外の京畿道・水原で開催された全国傷痍軍警体育大会に送った映像メッセージで述べた。

 朴大統領は北朝鮮の無謀な核とミサイルの開発により韓国は安保面で大きな危機に直面しているが、この危機を乗り越え平和を守るためには国民の心が一つになることが重要だと強調した。