【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部はキューバ・ハバナで13日(現地時間)に経済発展経験共有事業(KSP)着手報告会を開き、キューバ外国貿易・投資省とKSPでの協力のための了解覚書(MOU)を締結した。

 韓国がキューバと政府間MOUを締結するのは初めて。これまではMOUが締結されていなかったため、両国が多様な分野で経済発展の経験を共有し、協力事業を推進するのに限界があった。

 企画財政部関係者は「今回のMOUはキューバとの協力事業を進める過程における障害を取り除く意味がある」と説明した。 

 韓国政府はKSPでキューバとの経済協力が強化されれば、韓国企業がキューバに進出する機会が拡大すると期待している。