【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は16日、北朝鮮の住民だけでなくエリート層や軍人の脱出が最近増加していることについて「(北朝鮮の)暴圧的な恐怖政治の現状を物語っている」と指摘した。ソウルで開催された以北道民(北朝鮮出身者)体育大会に寄せたビデオメッセージで述べた。

 洪水や経済難で住民が大きな苦痛を強いられているにもかかわらず北朝鮮政権は核とミサイルに執着し、民族の未来と平和を深刻に脅かしていると非難した。

 朴大統領は「われわれはこれに決して屈したり妥協したりしない」とした上で、国際社会との緊密な協力を通じ北朝鮮の挑発の脅威を終息させ、朝鮮半島の非核化と平和統一を実現できるよう最善を尽くすと強調した。