【ソウル聯合ニュース】韓国外交部傘下の在外同胞財団が、在日本大韓民国民団(民団)の創立70周年を記念し、20日に東京・港区の韓国中央会館でシンポジウムを開く。

 シンポジウムでは「在日民団70年と韓日関係の新たな未来の眺望」をテーマに、韓日関係の未来志向的発展、北東アジアの平和繁栄、北朝鮮核問題の解決と南北平和統一に対する民団の貢献策などについて意見が交わされる予定だ。

 同財団の朱鉄基(ジュ・チョルギ)理事長の基調講演に続き、早稲田大韓国学研究所の李鍾元(イ・ジョンウォン)所長、日韓交流祭り協会の権鎔大(クォン・ヨンデ)事務局長、統一日報の李民皓(イ・ミンホ)ソウル支社長が発表を行う。