【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が25日、ソウルでデンマークのラスムセン首相と首脳会談を行う。同首相は23〜26日、韓国を公式訪問する。

 韓国主導で設立された国際機関「グローバル・グリーン成長研究所(GGGI)」の理事会の初代議長を務めたラスムセン首相の来韓は2010年に続き2回目。朴大統領と会うのは6回目となる。

 両首脳は会談で、両国の戦略的パートナー関係などを確認し、貿易・投資や電子政府、再生可能エネルギーなどでの実質的な協力拡大について議論する予定だ。北朝鮮の核問題や気候変動対応など、地域や国際舞台での協力についても意見交換する。会談後は昼食会を行う。

 韓国青瓦台(大統領府)は今回の会談について、「両国の未来の新産業、気候変動対応、対北連携などをさらに拡大していく契機になると期待される」とのコメントを出した。