【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は18日、A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社の秋季例大祭に合わせ、安倍晋三首相が供え物「真榊(まさかき)」を奉納し、国会議員らが集団で参拝したことについて、「日本の政府と議会の政治指導者らが過去の日本の侵略戦争を美化する靖国神社にまた供え物を奉納し、参拝を繰り返した」として、「深い憂慮と失望を禁じ得ない」とする報道官論評を発表した。

 論評は「日本の政治家らが正しい歴史認識の土台の上で、歴史に対する謙虚な省察や真摯(しんし)な反省を行動で見せ、周辺国と国際社会の信頼を得て未来に向かって進むことを促す」とした。

 ただ、安倍首相を名指しせず、安倍首相が真榊を奉納した1日後に論評を出した。

 安倍首相は17日、「内閣総理大臣」の名で真榊を奉納した。超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は18日、靖国神社を集団参拝した。