【ソウル聯合ニュース】韓国の国防部当局者は18日、記者団に対し、北朝鮮の核とミサイルを無力化するための「3軸体系」の戦力化を予定より2〜3年前倒しする計画を明らかにした。

 3軸は北朝鮮の核・ミサイル発射の兆候を事前に察知して先制攻撃する「キル・チェーン」、発射されたミサイルを迎撃する「韓国型ミサイル防衛(KAMD)」、北朝鮮が攻撃してきた場合に指導部などに報復攻撃を行う「大量反撃報復(KMPR)」。

 韓国政府と与党セヌリ党は同日、3軸体系の構築を2020年代半ばから20年代初めに前倒しすることで合意していた。

 同当局者は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を探知する弾道弾早期警報レーダー2機を導入する方針も示した。