【ソウル聯合ニュース】韓国国会の外交統一委員会は13日午後に全体会議を開き、昨年末に釜山の日本総領事館前に設置された旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像をめぐる日本との対立に関連し、外交部から対応策について報告を受ける。

 同委員会の所属議員は会議で、少女像設置に対する日本側の批判について指摘し、韓国政府の対策を問う。日本政府が少女像設置への対抗措置として韓日通貨交換(スワップ)協定の再開に向けた協議中断を決めたことに対する韓国政府の対応策についても質疑する。

 併せて、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備について米当局とどのようなやり取りが行われているかについても報告を受ける予定だ。