【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが13日に発表した次期大統領選有力候補の支持率調査で、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が昨年12月6〜8日の調査結果より11ポイント上昇した31%となり、過去最高を更新した。

 国連事務総長を退任し、12日に帰国した潘基文(パン・ギムン)氏は20%で変わらなかった。次期大統領選に向け、本格的な活動を行うとみられ、今後の支持率の推移が注目される。

 共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)城南市長は6ポイント低下の12%、第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前代表は7%、共に民主党の安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事は6%、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行は5%だった。

 3人による戦いになった場合の支持率は文氏が44%で首位。潘氏は30%、安氏は14%だった。文氏と潘氏の直接対決では文氏が53%、潘氏が37%の支持を得た。

 政党支持率は共に民主党が41%で過去最高を更新した。与党セヌリ党は12%、国民の党は10%、セヌリ党で朴槿恵(パク・クネ)大統領と距離を置く非主流派の「非朴派」だった国会議員でつくる新党「正しい政党」は7%となった。

 一方、選挙権年齢を現行の満19歳から引き下げることについては賛成が49%、反対が48%となった。2014年2月の調査では18歳に引き下げることに反対(56%)が賛成(35%)を大きく上回っていた。

 調査は今月10〜12日、全国の成人1007人を対象に実施された。