【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は13日の定例会見で、北朝鮮の対韓国窓口機関、民族和解協議会が南北関係悪化の責任を韓国政府に転嫁したことについて遺憾を表明した。

 鄭報道官は、北朝鮮の無謀な核開発が朝鮮半島の平和を破壊し、南北関係の発展を妨げていると指摘した上で、北朝鮮に対し「真の南北関係発展と統一の新たな局面を望むのなら、誠意を持って非核化への道に踏み出すべきだ」と促した。

 民族和解協議会は12日に報道官声明を出し、「これ以上先送りできないのが北南(南北)関係であり、少しも放任できないのが戦争状況に置かれた今日の朝鮮半島だ。南朝鮮(韓国)当局はこれまで執拗に追求してきた同族対決政策の結果がどのようなものかを振り返り、間違った過去と決別する勇断を下し新しく出発すべきだ」と主張した。