有機ELテレビ 日本勢が韓国追走

有機ELテレビ市場に日本勢続々参入 東芝・パナ・ソニー、韓国LGを追走

(フジサンケイビジネスアイ) 01月12日 05:07

東芝が発売する4K有機ELテレビ「レグザX910シリーズ」の65型(同社提供)

東芝が発売する4K有機ELテレビ「レグザX910シリーズ」の65型(同社提供)

(フジサンケイビジネスアイ)

 韓国LGエレクトロニクスが独走する日本国内の有機ELテレビ市場に、日本の電機メーカーが年内の参入を続々と表明している。高精細な4K映像に対応するほか、くっきりとした明暗表現や臨場感のある音質などを独自技術で実現し、高級テレビを求める富裕層の買い替え需要を狙う。日韓メーカーの競争が激化するとともに、市場活性化につながりそうだ。

 東芝は11日、4K有機ELテレビ「レグザX910シリーズ」を3月上旬に国内で発売すると発表した。

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る