中国経済

 2月22日、米国際貿易委員会(ITC)は、バス・トラック用の中国製タイヤのダンピング(不当廉売)調査で、米国内産業への損害はなかったと認定、反ダンピング関税と相殺関税の適用見送りを決めた。写真は2010年12月、中国・安徽省合肥市のタイヤ製造工場で撮影(2017年 ロイター)

 2月22日、米国際貿易委員会(ITC)は、バス・トラック用の中国製タイヤのダンピング(不当廉売)調査で、米国内産業への損害はなかったと認定、反ダンピング関税と相殺関税の適用見送りを決めた。写真は2010年12月、中国・安徽省合肥市のタイヤ製造工場で撮影(2017年 ロイター)

(ロイター)

  • 春節の旅行先に「福井」急上昇?

    01月29日 13:43

  • 豪・NZ TPP存続を目指す考え

    01月24日 13:29

  • ビットコインが一時20%の急落

    01月06日 05:13

  • 中国政府債の取引が一時停止

    01月03日 14:57

  • ミラン売却交渉、破談も 伊報道

    2016年12月13日 16:10

  • ロッテ開発計画 中国当局が中断

    02月09日 01:00

  • 中国 5000万超の雇用創出目指す

    02月06日 20:27

関連リンク

Wikipedia

人民元

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

人民元(じんみんげん)は、中華人民共和国の中央銀行である中国人民銀行が発行している通貨である人民币(人民幣、じんみんへい、Rénmínbì、レンミンビィ)のことである[1]。略号はRMB、またはISO 4217での通貨コードのCNY。通貨数量の前に¥(円記号)を用いる[1]。なお、香港とマカオでは、それぞれ独自の通貨単位である香港ドルおよびマカオ・パタカが発行されている。

中華人民共和国の経済

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中華人民共和国の経済(ちゅうかじんみんきょうわこくのけいざい)は、名目GDP換算で世界で2番目に大きく、2016年の名目GDPは11.203兆USドルと大きいが(2016年は国際通貨基金・世界銀行・CIAワールド・ファクトブックによれば購買力平価換算で世界最大[5][6][7])、一人当たり名目GDPに換算すると約8,261USドル(購買力平価による換算では15,424USドル)となり、世界水準ではまだ低い(2015年では、187か国中84位)。しかし、中華人民共和国の経済は急速に成長を続けている。2005年、中国のGDPの70%は民間部門が占めており、公有部門は公益事業、重化学工業、資源・エネルギーといった約200の大規模な国有企業によって支配されている[8]。

写真ニュースまとめ一覧を見る