中国経済

 3月23日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、カナダなど13の国・地域の参加を新たに承認したことを明らかにした。参加国・地域はこれで70となった。写真は記者会見に応じているAIIBの金立群総裁。昨年1月北京で撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 3月23日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、カナダなど13の国・地域の参加を新たに承認したことを明らかにした。参加国・地域はこれで70となった。写真は記者会見に応じているAIIBの金立群総裁。昨年1月北京で撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

(ロイター)

03月19日 18:25

中国 日本産「汚染」報道で波紋

  • 成長見通しは改善…人民銀総裁

    03月19日 14:54

  • 中国企業 罰金約9億ドル支払いへ

    03月08日 04:50

  • かつての「電線御三家」なぜ好調

    03月08日 18:00

  • ノキア 伝説のガラケーを復刻へ

    02月27日 16:20

  • ロッテ開発計画 中国当局が中断

    02月09日 01:00

  • 中国 5000万超の雇用創出目指す

    02月06日 20:27

関連リンク

Wikipedia

人民元

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

人民元(じんみんげん)は、中華人民共和国の中央銀行である中国人民銀行が発行している通貨である人民币(人民幣、じんみんへい、拼音: Rénmínbì、レンミンビィ)のことである[1]。略号はRMB、またはISO 4217での通貨コードのCNY。通貨数量の前に¥(円記号)を用いる[1]。なお、香港とマカオでは、それぞれ独自の通貨単位である香港ドルおよびマカオ・パタカが発行されている。

中華人民共和国の経済

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中華人民共和国の経済(ちゅうかじんみんきょうわこくのけいざい)は、名目GDP換算で世界で2番目に大きく、2016年の名目GDPは11.203兆USドルと大きいが(2016年は国際通貨基金・世界銀行・CIAワールド・ファクトブックによれば購買力平価換算で世界最大[5][6][7])、一人当たり名目GDPに換算すると約8,261USドル(購買力平価による換算では15,424USドル)となり、世界水準ではまだ低い(2015年では、187か国中84位)。しかし、中華人民共和国の経済は急速に成長を続けている。2005年、中国のGDPの70%は民間部門が占めており、公有部門は公益事業、重化学工業、資源・エネルギーといった約200の大規模な国有企業によって支配されている[8]。

写真ニュースまとめ一覧を見る