学生への仕送り、年間15万円減る

仕送り減額、奨学金やバイトでカバー 高校から大学まで約900万円

(ベネッセ 教育情報サイト) 03月28日 00:00

政府系金融機関である日本政策金融公庫の「教育費負担の実態調査」によると、高校入学から大学卒業までに掛かる教育費は、約900万円に上ることがわかりました。自宅外通学者への仕送りは、前年度より年間で15万4,000円も減少する一方で、奨学金を受けたり、アルバイトしたりする学生が増えています。仕送りなどの不足分を、奨学金やアルバイトで補っていることがうかがえます。

※「教育費負担の実態調査結果」(平成27年度)https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/kyouikuhi_chousa_k_h27.pdf

調査は2015(平成27)年11月、高校生以上の子どもを持つ保護者を対象に、インターネットを通じて実施し、合計4,700人から回答を得ました。子ども1人当たりの年間在学費用(授業料など学校教育費と学習塾など家庭教育費の合計)は、平均で高校が66万9,000円、大学が141万1,000円となっています。このうち国公私立大学別に見ると、国公立大学は93万9,000円、私立大学文系は142万2,000円、同理系は178万円で、国公立と私立の大学の間には大きな差がありました。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る
gooヘルスケア:健康コラム・レシピ
こんな症状があったら、迷わず婦人科へ - 医療と健康
生理やおりものの異常、下腹部の違和感、排尿の異常など
ひどい生理痛 よくあることと放置はダメ! - 医療と健康
不妊症の原因にもなる「子宮内膜症」を疑い、早めに婦人科へ