子が受験失敗 親がやるべきは

「志望校に落ちた子」の親は「残念臭」を今消せ

(プレジデントオンライン) 03月04日 09:20

「志望校に落ちた子」の親は「残念臭」を今消せ

「志望校に落ちた子」の親は「残念臭」を今消せ

(プレジデントオンライン)

PRESIDENT Online スペシャル 掲載

2月下旬、神奈川県で高校受験した中学3年生の男子とその母親が心中した。教育熱心な母親で「結果」を憂慮しての行動だといわれる。しかし、他に方法はなかったのか。「受験は大事だが、人生のすべてではない」といった声があがっている。母親はどうすべきだったのか。受験カウンセラーでもある鳥居りんこ氏の提言は、高校受験だけではなく、中学受験や大学受験で「失敗」した子どもを持つ親必読である。

■第一志望校の合格者は「3人に1人」だけ

2月1日より始まった東京・神奈川の中学受験入試が終了した。これで今シーズンの中学受験の日程がすべて終了したことになる(一部の学校の2次募集を除く)。この2月中旬から3月にかけては「中学受験産業」の今年度を振り返る「総括」*が行われるはずだ。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る
gooヘルスケア:健康コラム・レシピ
こんな症状があったら、迷わず婦人科へ - 医療と健康
生理やおりものの異常、下腹部の違和感、排尿の異常など
ひどい生理痛 よくあることと放置はダメ! - 医療と健康
不妊症の原因にもなる「子宮内膜症」を疑い、早めに婦人科へ