絵画で認知症ケア 家族に癒しも

認知症ケアにアートプログラム 絵を描き脳を活性化、家族にも癒し効果

(産経新聞) 02月15日 14:34

五感を使ってダイコンを丁寧に描く認知症の人たち=京都市上京区の京都府立医科大

五感を使ってダイコンを丁寧に描く認知症の人たち=京都市上京区の京都府立医科大

(産経新聞)

 認知症ケアに絵画を取り入れる取り組みが注目されている。芸術を通じて脳の活性化を促そうと、独自のアートプログラムに沿って創作活動を行う「臨床美術」だ。普及のため、平成8年に設立された芸術造形研究所(東京都千代田区)がスタートさせ、全国に広がっている。京都府立医科大では認知症の人たちが家族とともに参加。本人だけでなく、家族のケアにもつながっている。(加納裕子)

続きを読む

新着トピックス一覧

生活術のトピックス

マイニュース

OCNおすすめコンテンツ

OCN会員向け情報コンテンツ

OCNニュース関連コンテンツ