労働災害・過労死

  • 電通過労自殺 母親が首相に訴え

    02月21日 15:56

  • 「ブラック企業」見極める指標は

    02月05日 09:17

関連リンク

Wikipedia

過労死

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

過労死(かろうし、英:karōshi)とは、周囲からの暗黙の強制などにより長時間の残業や休日なしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、労働者が脳溢血、心臓麻痺などで突然死することや、過労が原因で自殺することなどである。過労・長時間労働は、うつ病や燃え尽き症候群を引き起こしがちで、その結果自殺する人も多いので、「過労自殺」も含む用語としてしばしば使われる。

労働災害

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

労働災害(ろうどうさいがい)とは、労働者が業務中もしくは通勤時に、負傷(怪我)、疾病(病気)、障害、死亡する災害のことを言う。一般には労災と略して呼ばれる。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。狭義には、負傷(や負傷に起因する障害・死亡)のみを指す用語として使われ、疾病(や疾病に起因する障害・死亡)は指さないことも多い。

写真ニュースまとめ一覧を見る