大阪地検の証拠改ざん事件

2013年10月26日 21:46

上告断念…元特捜部長なぜ翻意

2013年09月25日 16:05

検事FD改ざん事件、二審も有罪

関連リンク

Wikipedia

大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件(おおさかちけんとくそうぶしゅにんけんじしょうこかいざんじけん)とは、2010年(平成22年)9月21日に、大阪地方検察庁特別捜査部所属で、障害者郵便制度悪用事件担当主任検事であった前田恒彦が、証拠物件のフロッピーディスクを改竄したとして証拠隠滅の容疑で、同年10月1日には、当時の上司であった大阪地検元特捜部長・大坪弘道及び元副部長・佐賀元明が、主任検事の前田による故意の証拠の改竄を知りながら、これを隠したとして犯人隠避の容疑で、それぞれ逮捕された事件である[1]。

写真ニュースまとめ一覧を見る