印紙1億円超を換金か 元社員逮捕

印紙代1億円超、背任容疑=大手ディーラー元社員逮捕―さいたま地検

(時事通信) 01月11日 23:07

 必要のない印紙を購入し、勤務先の大手自動車ディーラーに代金1億円余りを支払わせたとして、さいたま地検特別刑事部は11日、背任容疑で埼玉県越谷市北越谷、元社員黒田清隆容疑者(55)を逮捕した。印紙は東京都内の金券ショップなどで換金し、主に飲食などの遊興費に充てていたという。地検は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2013年5月15日〜16年5月24日、不必要な印紙を購入して換金し、現金を私的に使うため、埼玉県にある自動車整備振興会の事務所2カ所で自動車重量税印紙を74回にわたり購入。勤務先に計1億490万円を支払わせた疑い。

 地検によると、黒田容疑者は都内の大手自動車ディーラーの新車営業部で、車の新規登録に必要な印紙を購入する業務などの責任者だった。額面が数十万円から百万円を超える印紙を購入し、換金していたという。昨年10月に懲戒解雇された。

新着トピックス一覧

社会のトピックス

OCNおすすめコンテンツ

OCN会員向け情報コンテンツ

OCNニュース関連コンテンツ