一票の格差

08月23日 19:02

参院議長、合区解消策検討の意向

08月21日 11:46

改憲は合区などから着手…高村氏

関連リンク

Wikipedia

一票の格差

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一票の格差(いっぴょうのかくさ)とは、選挙などで有権者が投じる票の有する価値の差、選挙区ごとの一票の重みの不平等を指す用語。主に国政選挙で用いられ、もし2倍以上の格差があれば、価値の小さい選挙区では、価値の大きい選挙区で当選した人の倍の票数を得ていても落選するような事態が発生する。日本では議員定数や歳費にも関連して選挙制度そのものへの不信感が大きく、1972年12月の衆院選で1976年4月に違憲判決が出る以前より現在まで、何度も国政選挙の違憲無効確認が提訴されている。

写真ニュースまとめ一覧を見る