市庁舎で44年「市民食堂」閉店へ

安全で安い料理、44年間提供 熊谷市庁舎の市民食堂、31日閉店

(埼玉新聞) 03月19日 16:45

埼玉新聞

埼玉新聞

(埼玉新聞)

 熊谷市役所内で44年にわたって営業してきた「市民食堂」が31日、閉店する。現在の市庁舎が完成した1973年に開業し、関東平野を望める8階で、職員や来庁者に定食や麺類などを提供してきた。同食堂を運営する「鮨商」の早川清治社長(82)は「自分の体のこともあって決断した。今はさっぱりした気持ち。長年お世話になりました」と感謝の言葉を口にした。

続きを読む
写真ニュースまとめ一覧を見る