辞退相次ぐ侍Jの存在価値とは

辞退が当たり前に? 侍ジャパンの存在価値とは

(dot.) 02月27日 07:00

大谷は昨秋のプレミア12で活躍したが、3月の台湾戦では球団の方針などを理由に招集が見送られた (c)朝日新聞社

大谷は昨秋のプレミア12で活躍したが、3月の台湾戦では球団の方針などを理由に招集が見送られた (c)朝日新聞社

(dot.)

 侍ジャパンに危機が訪れている。投手陣の辞退が相次いでいるのだ。ないがしろにされる代表の存在に、東尾修氏は疑問を呈する。

*  *  *
 日本ハムの大谷も、阪神の藤浪もいない。楽天の則本や松井裕も辞退を申し入れたという。これだけ投手陣が出場しないと聞くと、あれ?って思うよね。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る