松山英樹が途中棄権、第2R開始前

松山英樹が股関節痛で途中棄権 第2ラウンドスタート前

(GDO) 02月27日 02:53

第2ラウンドのスタート前に棄権して帰りの車に乗り込む松山英樹

第2ラウンドのスタート前に棄権して帰りの車に乗り込む松山英樹

(GDO)

フロリダ州のPGAナショナルで開催中の米国男子ツアー「ザ・ホンダクラシック」2日目。松山英樹が股関節痛のため、第2ラウンドのスタート前に途中棄権した。

1オーバーでこの日を迎えた松山は、午後0時45分からのティオフを控えたドライビングレンジでの調整中に棄権を決めた。股関節の右側を気にする仕草を繰り返し、アイアンショットの練習を打ち切り。その場でしばらく考えをめぐらせた後、同伴競技者のジェイソン・ダフナーらにラウンドをキャンセルする旨を伝え、スタートの30分前に大会本部に向かった。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る