ラグビーキャンプ 90自治体応募

<ラグビーW杯>公認キャンプ地、90自治体が応募

(毎日新聞) 01月11日 18:18

2019年ラグビー・ワールドカップの公認キャンプ地に応募した76会場90自治体を発表する、組織委の嶋津昭事務総長=東京都港区で2017年1月11日午後2時48分、大谷津統一撮影

2019年ラグビー・ワールドカップの公認キャンプ地に応募した76会場90自治体を発表する、組織委の嶋津昭事務総長=東京都港区で2017年1月11日午後2時48分、大谷津統一撮影

(毎日新聞)

 2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委は11日、大会期間中に出場20チームが調整する公認キャンプ地に国内76会場90自治体から応募があったと発表した。組織委が4月まで審査を行い、7〜8月に候補地を決める。

 応募は北海道から沖縄県までの37都道府県からあり、最多は6会場の静岡県(静岡市、浜松市、磐田市、掛川市、裾野市・御殿場市、御前崎市)。今秋から出場チームが候補地を視察し来春以降に各チームの公認キャンプ地が順次決まる。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

OCNおすすめコンテンツ

OCN会員向け情報コンテンツ

OCNニュース関連コンテンツ